都市をヒートアイランドから救う クールアイランドシステム 

短時間に広い木陰が出来る『パッションフルーツのシェード型緑化』
移動式緑化 
 

シェード型緑化にミストを掛けると気化熱が起こり、冷気が産れます。
002
① 緑化装置
木陰で冷やされた空気は日向で温められた空気に向かって移動する。この原理を利用しパッションフルーツのシェード型緑化とIoT 制御によるミスト発生装置を組み合わせ、気化熱を利用して強制的に冷気を作り自然な風を吹かせる緑化装置
 


IoTとLoRadを活用しデータ収集
003

➁ 仮配置によるデータの収集分析 数基の緑化装置と各種センサーをエリアに配置しデータを収集。
気象情報・エリア地図情報等と組合せAI で解析
 

クールアイランドの未来都市
福岡市イメージ
③ データ分析による緑化装置の配置 AI で解析されたデータを基に必要基数の緑化装置をエリア内に配置、エリア内の風を循環させクールアイランドエリアを実証
収集されたデータは希望する大学など研究機関に配信
 


二酸化炭素の吸収・固定・貯留技術
パッションフルーツの移動式緑化
2本のパッションフルーツを4 月下旬に設置し、10 月下旬には長さ 20m×幅 3.5mに成長
 
パッションフルーツは短期間で大きく成長しますので、時間換算するとCO2 吸収力が強い植物です。
多年草である為、枯れるまでは CO2 を貯留します。

都市緑化に使用される場合、春から秋に向けて大きく成長し、冬には不要である為、枝葉を和紙に加工することでCO2を固定します。


1)CO2 吸収量の測定
農耕地での二酸化炭素純固定量の(地球全体での)平均値は年間1平方メートル当り0.28 kg 炭素である為、

2)CO2 の固定と貯留
不要になった枝葉を焼却、または腐らせるとCO2 の放出になる為、CO2 を固定・貯留する必要がある。
CO2 を固定する方法として枝葉から紙を製造
 

世界に例がない、CO2の吸収・固定・貯蔵のリサイクル
CO2 吸収・固定・貯蔵のサイクル
 
① 夏季 クールアイランドシステムによるヒートアイランド防止
② 秋季 紙に加工することで CO2 の吸収・固定
③ 草系から作られる和紙は強度がある為、絵画など芸術系に使用して貯留

毎年、クールアイランドシステムを夏季に設置し、枝葉を和紙に加工することで、CO2の削減になる。
 
半年で大きく育つパッションフルーツのシェード型緑化とIoTとLoRadを活用したデータを世界気候変動枠組 条約会議(COP)で発表すれば、日本の環境に対する信頼を大きく回復できると思われます。
 

世界的な【脱炭素】対策に向けて、気象変動適応法案が議決

気象変動法案
 
 

昨年末、NHKスペシャルで放送された『脱炭素革命の衝撃』はまさに日本企業の危機を感じさせる衝撃でした。
(https://youtu.be/01g3ahwQ-ds で見ることが出来ます。)
COP24

COP23-2

 

マスコミ様・メディア様、取材等のお問い合わせ先

 
取材のお問い合わせはこちらからお願いいたします。